車のバンパーのヘコみ!を自分で簡単に修理する方法は!?

駐車場の入口に立っているバリカー(ポール)に車を当ててしまいました;-;

見ると、車の片側のフォグランプの所がかなりヘコんでしまってました
業者さんに見積もりを取ると、大体6万円~7万円という感じでした。

私がぶつけたので、私が自腹を切らなくてはなりません。
でも、自分で直せないか、ネットを徹底的に調べてみました。

 

スポンサーリンク

車のバンパーのヘコみ!を自分で修理する方法は!?

うちの愛車の日産ノート君。↑
へこんでますよね…

フォグランプも少し曲がっております。…。

うちの駐車場のポール(正しくはバリカーというらしいです)は、下記のような感じ。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

KIKAIYA 車止めポール 直立型 バリカー ガードパイプ
価格:6500円(税込、送料無料) (2017/4/17時点)

出典:楽天市場

車に付いたバリカーの塗料は、主人がなんでもパーツクリーナーで拭いているのを見ていたので、私もパーツクリーナーで拭いたら、すぐに綺麗に取れた♪^^v

なので、写真は塗料を拭き取った後のもの。

パーツクリーナーもやり過ぎると、車の塗料がハゲてしまうので注意との事だ。
調べてみると、車のワックスでポールの塗料が取れる…と言っていた人がネットでは多かった。

★パーツクリーナーはホームセンターでも買えるが、楽天でも買えます見てみる

 

ネットで調べると、自分でヘコみを直す方法には二種類あり、

  1. 熱湯で直す
  2. ドライヤーで直す

というものだった。

私が試したのは、最初、熱湯。↓

熱湯をかけて、下から手を入れて押してみたが上手くいかなかった。
女の力で力が足りないというのもあるだろうが、手が入りにくく、裏から押しにくかったのもあった。

熱湯はあまり効かなかった…というのが結論。

次にドライヤーを考えたが、主人の車なので、勝手にやって、変になったら…と思い、ドライヤーは止めておいた。

しかし、バンパーの修理の見積もりを何軒か回っていたいた間に、ある業者さんがドライヤーで少しヘコみをマシにしてくれたのがきっかけで、主人があとは直してくれることになった。

やりかたは簡単

まず、へこみを直したい部位にドライヤーを当て、温まったら、その部位を裏からぐいぐい押していく。

これだけ!^^

ある程度元に戻ったら、後付でつけていたハネをもう一度両面テープで貼って、おしまい!♪

どうですか?

フォグランプも元に位置に戻って、大丈夫そうです

フォグランプの上の縦1本キズは、タッチアップペン(車の色と同じ色を選ぶこと)で塗って、乾いてからコンパウンドで磨く。

★タッチアップペンはホームセンターでも購入できますが、楽天でも購入できます♪見てみる

★コンパウンドもホームセンターで買えますが、楽天でも購入できますョ^^見てみる

これで、へこみやキズがほとんどわからなくなりました^^♪

 

あと、車を購入した直後に主人がゴムのハネを後付で付けていたので、まだキズがそんなにつかなかったのだろう、と推測します。

このゴムの飾り、「スポイラー」というそうです^^

★スポイラーはカー用品店でも売ってますが、楽天でも購入できます見てみる

これは、両面テープで簡単にくっつき、また取り外しも簡単♪
オススメです。

両面テープは、スポンジ付両面テープのほうが取る時には、ボディーに無理なく外せますョ!

★スポンジ付両面テープは楽天でも購入できます^^見てみる

スポンサーリンク

 

かかった費用は?

気になる費用ですが、

業者さんに修理をお願いした場合、板金よりバンパーを取り替えたほうが良い、との意見が多かったです。

で、一応板金でいけそう…という業者さんAは、

3万~4万円

という事でした。

そして、取替えしか無理、と言った業者さんBは、

  • バンパー代 51,840円
  • 工賃 8,480円

計 60,320円

でした。

 

そして、業者さんCは、

  • フロントバンパーA/O レインフォース 交換工賃 11,291円
  • フロントバンパー 部品 51,840円
  • ブラケット バンパー 部品 842円
  • ブラケット バンパー 部品 842円

計      64,815円

ということでした。

つまり、板金すれば、3万~4万円、取り換えると、6万円台、ということですね。

 

そして、自分で直した場合、工賃は当たり前ですけど、0円。

ドライヤーは大体みなさん持っているので買うこともないでしょうし、あとは、キズ直しのタッチアップペンとコンパウンド代、くらいですね^^v♪

  • タッチアップペン 624円
  • コンパウンド 861円

計 1,485円

でした。

業者さんに頼むのと自分で直すのとでは、差額

28,000円~63,000円

ということになります。

かなりの差ですねー@0@
主人に感謝です^^

 

まとめ

なんでも諦めないことが節約の鍵なのですねー^^;

今回特にそれを学びました。
自分でやることが無理そうなことでも、今はネットで情報が溢れているので、なにかしらヒントは転がっているんだな、と思いました。

海外では、結構こういう自分で直すことが当たり前になっていたりするので、私ももっとそういう思考を当たり前にして、節約をしていきたいと思います。

まぁ、今回の事は、「もっと安全運転を」と見直す教訓にもなりました^^;

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Facebook にシェア
LINEで送る
Pocket

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.