Iotとは?意味は?読み方は?

最近、よく聞く「Iot」とはなんぞや??

というのが、私の最近の疑問です^^
というワケで、Iotとはなんなのか?詳しく調べてみました。

 

スポンサーリンク

Iotとは?

Iotとは、Internet of Things(モノのインターネット)の略です。

Iotとは、従来は主にパソコンやサーバー、プリンタ等のIT関連機器が接続されていたインターネットにそれ以外の様々な”モノ”を接続することを意味するとの事。

 

Iotの読み方は?

 

読み方は、

アイオーティー

です。

 

Iotの詳しい意味とは?

テレビやデジタルカメラ、デジタルオーディオプレーヤー、HDDプレーヤー等のデジタル情報家電をインターネットに接続する流れは既に始まっています。

更にデジタル化された映像、音楽、音声、写真、文字情報をインターネットを介して伝達されるシーンがますます増えています。

現在ではスマートフォンやタブレット端末もインターネットに接続され便利に利用されるようになりました。

更に世界中に張り巡らされたインターネットはあらゆる”モノ”がコミュニケーションをするための情報伝送路に進化しつつあります。
インターネットに接続される”モノ”は大きく以下の三つに分類できます。

  1. パソコン類(スマートフォン、タブレットを含む)
  2. 機械類
  3. その他の”モノ”

様々なモノ、機械、人間の行動や自然現象は膨大な情報を生成しています。
これらの情報を収集して可視化することができれば様々な問題が解決できます。

見ることや聞くこと触ることができる情報はもちろんですが、それらができない情報もセンサーにより数値化され収集可能になります。

◎参考記事:
VRってどういうの?

従来のように人間がパソコン類を使用して入力したデータ以外にモノに取り付けられたセンサーが人手を介さずにデーターを入力し、インターネット経由で利用されるものです。

モノのインターネット(Internet of Things : IoT)により、センサーと通信機能を持ったモノ達、例えば、ドアが「今、開いているよ。」等とつぶやき始めるというワケです。

これらの情報をインターネットを介し様々な場所で活用することができます。

これが、Internet of Things : IoTと呼ばれるものです。

 

“モノ”をインターネットにつなぐことにより、以下を実現することができます。

  • 離れた場所の状態を知りたい。→離れた”モノ”の状態を知る
  • 離れた場所の状態を変えたい。→離れた”モノ”を操作する

モノのインターネット(Internet of Things : IoT)では”モノ”に対し各種センサーを付けてその状態をインターネットを介しモニターしたり、インターネットを介し”モノ”をコントロールしたりすることにより安全で快適な生活を実現しようとしています。

◎参考記事:
自動ブレーキってなに?

“モノ”をインターネットに接続して計測データ、センサーデータ、制御データの通信をすることでモノのインターネット(Internet of Things : IoT)が実現されるのです。

 

スポンサーリンク

 

 

Iotの例は?

 

それでは、Iotの例を見てみましょう^^

  • IoTで環境を知る(環境モニタリング)
    モノのインターネット(Internet of Things : IoT)IoTで環境(温度、湿度、気圧、照度、騒音、その他)を知ることができます。
  • IoTで”モノ”の動きを知る(モーションモニター)
    モノのインターネット(Internet of Things : IoT)IoTで”モノ”の動き(衝撃、振動、傾斜、転倒、落下、移動、その他)を知ることができます。
  • IoTで”モノ”の位置を知る(存在検知、近接検知、通過検知)
    モノのインターネット(Internet of Things : IoT)IoTで”モノ”の位置(存在検知、近接検知、通過検知)を知ることができます。
  • IoTで”モノ”の開閉を知る(ドア、窓、戸棚、引き出し、その他)
    モノのインターネット(Internet of Things : IoT)IoTで”モノ”の開閉を知ることができます。
  • IoTで留守中のペットの行動を知る
    ・猫ツイッター(猫用IoT首輪)

    ・猫の行動(”モノ”)をインターネットにつなぐシステム

IoTで離れた”モノ”を操作する例では、

  • エアコンの電源を入切する
  • 照明の制御をする
  • 照明機器やエアコン
  • ヘルスケア機器やその他の家電をインターネットに接続
  • 給湯器、風呂釜などの家電以外の機器の状態モニターやリモコン制御等をする
  • 工場内、ビル内、店舗内、病院内、学校内や屋外等あらゆる場所に設置された様々なセンサーの情報を取得する

などがあります。
色々とありますね^^

これから、もっと増えそうですよね!

★Iotの本は本屋さんでも購入できますが、amazonでも購入できます^^見てみる

★もちろん、Iotの本は、楽天でも購入できますョ!見てみる

 

まとめ

なるほど~!^^
Iotってこういう事だったんですね~!!♪

それの進化が、この間調べたトランスヒューマンってワケですね!
勉強になりました


スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.