安楽死!スイスで尊厳死が認められている!?

前回の記事は、世界の長寿国というのを調べました。
そこで、今回は、老後みなさんが思う、「死」について、尊厳死を認められているスイスについて、詳しく調べてみました。

 

スポンサーリンク

スイスで安楽死が認められているって本当なの?

スイスと聞いて皆さんは、

  • アルプスの少女 ハイジ
  • チーズ
  • 時計
  • 高原鉄道

などを想像されたのではないでしょうか。

他には、雄大なアルプスの山々と美しい湖、プライベート・バンキング、チョコレート、高級スキーリゾートなどが有名です。

実は、スイスは非営利に限り自殺幇助が合法なのです。

密かに安楽死ツアーも有名だそうです。

自殺幇助機関である

  • 「エグジット (Exit)」

または、

  • 「ディグニタス(Dignitas)」

に登録すれば、不治の病の末期で耐え難い苦痛を伴う場合など、苦しまずに自死することができる仕組みになっているとの事です。

「エグジット」

会員数:約7万人
年会費だけでUSD27(約3千円)
スイス在住者のみ登録ができる

「ディグニタス」

会員数:世界60ヵ国から5500人が登録している
会費:入会金と諸費用を合わせて安楽死には約USD7,000(約70万円)が必要
外国人も登録することができます

HP:http://www.dignitas.ch/index.php?lang=en

安楽死はスイスの他に、

オランダ、ベルギー、ルクセンブルグ、アメリカの4州(ワシントン、オレゴン、モンタナ、バーモント)

で合法となっています。

が、外国人に安楽死の機会を提供するのは「ディグニタス」だけなので、スイス安楽死ツアーが存在する、というワケなんですね…。

もちろん安楽死に至る判断は厳格に行われるそうで、会員の医療記録が徹底的に分析され、

生きてゆくのが困難だと判断された場合のみ

に、致死薬が処方されるとの事です。
詳しく言うと、

  1. 末期症状
  2. 判断能力があり、外部からの圧力がなく、自分の意思によると考えられる
  3. 熟慮のうえでの選択である

うつ病などの精神病は安楽死の対象外だそうです。
誰でもいいわけではなかったのですね。

 

スポンサーリンク

 

 

安楽死のメリットは?

 

「ディグニタス」によると、致死薬の処方が可能と判断された会員の8割は、苦しまないで死ねると分かるだけで安心して自殺しないので、自殺願望を弱める効果があるとの事。
また、適切に幇助をすることで自殺未遂の後遺症を防ぐというメリットがある、としています。

 

安楽死のデメリットは?

 

デメリットは、病人や老人などの弱者が、家族や周りの人々に圧力をかけられた結果、本人の意思に反して安楽死を選択してしまう危険性が指摘されています。

この対策として、本人とカウンセラーが徹底的に話し合い、安楽死は本人の希望であると確認をとるようになっている、ということだそうです。

 

詳しくは知りたい方は、

◎日本尊厳死協会というところに問い合わせてみてはいかがでしょうか。

日本尊厳死協会HPhttp://www.songenshi-kyokai.com/

★海外旅行は、旅行会社でも申し込めますが、楽天トラベルでも申し込めます^^

まとめ

スイスは、死への自由も許されているのですね…。

ある程度の年齢になると、身体も思うように動かないし、生きるのがしんどくなるのが自然だと思います。

これから、日本も自分の寿命も自分で選べる時代になっていくかもしれません。

老後は、いろんな選択肢が増えて、充実した日々を送れるといいですね!^^

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Facebook にシェア
LINEで送る
Pocket

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.