すべては貧困が問題だ!

昨今、皆さんは、いろんな常識では考えられない問題がニュースで報道されていると思いませんか?

今日は、そんな問題の根底にあるものを、うちの旦那さんが思っている事を言っていたので、旦那語録として記録しておきたいと思います。

きっと、何年か後に、私は、

「ハッ!昔旦那さんが言っていたことが腑に落ちた!」

となる日が来ると思いますので、その日のために…。

 

スポンサーリンク

バーベキュー問題から見る

昨今、

バーベキュー問題

というものがあるようです。

 

マンションや戸建てでバーベキューをして、

騒音や焼肉の匂い、煙を隣近所にまき散らして、周りに迷惑をかける人達が問題になっているという事です。

 

 

うちの旦那は、

「あーいうバーベキューは、アメリカのひ~ろい庭とかでやるからいいねん。

庭が広かったら、騒いでも臭いや煙も隣近所に届かへんからな。

日本みたいな密集してる住宅街でやるもんちゃうで。

やるなら、アメリカ並みに広い庭持ってる金持ちとかなら許されるんちゃうか。

密集してる住宅街やマンションでBBQするヤツは、ハナから頭おかしいねん。

 

貧乏やから休みの日にどこも出かけられへん。

だから、手軽に家でBBQで済まそうとする。

その結果、周りに迷惑かけてもな~んも思てない。

まだ、キャンプ場とか川とかそういう場所でやるならわかるけどな。

場所の借り代とか行く手間とか省いた挙句が周りへの迷惑行為なんやな。

まともな精神してたら、今こんだけBBQ問題って言われてるのに、BBQせっまい(狭い)家でやろうとせんやろ。」

という旦那さんの考えでした。

騒音という問題から考える

生活音や子供の声、車関係など、全部ひっくるめて騒音を出して、隣近所に迷惑をかけている家族も昨今多いです。

本人達は、それが「普通」の感覚。

でも、周りからしたらうるさいレベル。

また、反対の事もあります。

普通範囲のレベルの生活音なのに、「うるさい!」と神経質に苦情を言われる場合もあります。

これに関しての旦那さんの意見は、下記の項「貧困と選択」で書きたいと思います。

 

煽り運転という問題から考える

煽り運転、これも昨今、すごい問題になってますね。
私も被害に遭いました。

煽り運転に関しては、ほんっと法律を変えてもらうしかないですよね。
これだけ増えて、死者も出ているにも関わらず、煽り運転者の「免許一生取り上げ」法を作らない意味がわからん!

明らかに、ドラレコに証拠が映っていれば、免許は取り上げないと、ずっと同じ事繰り返すに決まってるやん!と個人的には思います。

旦那さん曰く、

「煽り運転やってるヤツも、結局貧困でストレス溜まって、煽り運転でストレス発散してるんやろうな…。それか、煽り運転もでっち上げの可能性もあるかもしれん。ドラレコのメーカーから雇われてるとかな。それやったら、ほんま性質悪いけどなー。でも、金儲けって、汚い綺麗とか言うてる場合じゃない世界やろうから、なんでもやりよるかもしれへんな。」

 

スポンサーリンク

 

貧困と選択

まず、上記の騒音問題について旦那さんは、

「子供がうるさかったり、赤ん坊がギャーギャー泣いてたら、窓くらい閉めるやろ。うるさい家ほど、窓も閉めへん。

なんでか?

それはな、貧乏やから、暑かったら窓閉めてエアコンかけるっていうのをケチってるんや。そのおかげで隣近所が子供&赤ん坊の声で迷惑がかかっても、知らん顔や。

貧乏っていうのはなー、自分らの事しか考えへん。考えられへん。考える余裕があらへんのや。
あとな、貧乏って事は、頭も悪い可能性が高いんや。

金持ちってのは、子供に教育費やら環境やらお金をかけれるやろ?
そういうので、頭が良ければ、他人に迷惑をかける事っていうのは安易に想像も出来て、予防したりする事も出来るんや。」

「車に関しても、マフラー替えてうるさくしても、エンジンかける時間とか、アイドリングしないとか、エンジンかけてもすぐ発進するとか、そういう配慮は出来るわけや。
そういうのも全然せえへんかったら、「騒音」になる。

車も古い車が趣味で大好きで乗っててエンジンかかりにくい…とか言い訳してアイドリングを何回もするようなら、それは、周りに家が無い場所を買うべきや。

それか、車を諦めて、静かなエコカーを買うかやな。
趣味やからうるさい車も持って、お金が無いからひしめき合う住宅街の安い家を買って、休日は朝から出かけたいからって、夜明けからうるさくアイドリング何十分もやってるのは、最悪に貧乏で頭が悪いって事やな。」

では、なぜこういう考え(人種)の人間がいるのか…?

旦那さんの言った中に、何度も出てきましたが、

貧困

これが全ての元凶だと旦那さんは言います。

でも、ただ単に「貧困」だけが問題なんじゃなく、たぶん、考え方の根本も違う気もしますけどね…。

旦那さんが言うには、

「他人に迷惑をかけるっていうのは、頭が悪い証拠なんや。自分らの事しか考えれへんねんからな。

愛想よくせんでええから、騒音とかその他に気使ってくれるだけで、十分やけどな、俺にしたら。」

やはり、

常識の範囲内

というのが人それぞれ曖昧っていうのが問題だと私的には思うんですよね。

なので、それをきっちり法律で決めてくれればいいのに…とか思います。
そして、それを幼稚園や小学校で基礎として教育で教えるべきなんじゃないか?と思います。

まとめ

最期に、嫉妬心も面倒な感情だなって思う。

嫉妬心から人に嫌がらせをしたりする人も多いですし、嫉妬心より競争心ならまだしも、嫉妬心はほんと面倒ですよね。

嫉妬心もある程度頭が良かったり、お金持ちなら、そんなには芽生えないかもしれないんじゃないかなーと思ったりします。

ということは、嫉妬も貧困から来る確率が高いんじゃないか?と考えます。
全部が全部じゃないですが、貧困は良くは無い…というイメージを持つ事は必要だと言えそうです。

アメリカでは、「貧困は悪」、「お金を多く持つ事は善」という風潮があるそうです。
日本では反対ですよね?

「金持ちは悪どい事をやって金持ちになった」みたいな事を言われる風潮です。
半分嫉妬みたいなものが入った風潮なんじゃないでしょうか。

まぁ、何事も100%コレ!と言ったものはないでしょうから、お金持ちにもいろんな人がいるでしょうし、悪人もいてるでしょう。

でも、出来るなら、支出の選択を賢く選んで、余裕を作り、誰かに頼らずに暮らしていけるようにしたいものですね^^

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Facebook にシェア
LINEで送る
Pocket

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.