アメリカの大統領選挙!いつに決まるの?

america_daitouryousen2

2016年現在、アメリカでは大統領選で、ヒラリーさんとトランプさんが接戦を繰り広げられています。

今、10月末でヒラリーさんが有力との見方をされております。

アメリカでは大統領選は長いことやるんだなぁ…と思ったことはないでしょうか。
私はあります^^;

そこで、いったいアメリカの大統領選はいつやるのか、調べてみました^^

 

スポンサーリンク

アメリカ大統領選挙2016はいつ行われるの?

america_daitouryousen2

アメリカ大統領選挙について連日報道されていますね。
では、今年2016年に行われるアメリカ大統領選挙はいつ行われて決まるのでしょうか?

有権者が大統領選挙人を選ぶ投票日は、

11月の第一月曜日の翌日の火曜日
(スーパーチューズデー)

とアメリカの議会で決められているそうです。

ですので今回は

11月8日(火)

という事になります。

 

この投票日の決定が行われたのは、1845年の事で、11月は農作業が暇な時期にあたり、みんな投票に行きやすくなるだろうという考えの基に決められたそうです。

また曜日に関しては、

  • 日曜日は教会に行く日
  • 月曜日は週始めで忙しい
  • 木曜日はイギリスの投票日なので除外
  • 金曜日は週終わり
  • 土曜日は家族と過ごす日

と言う事で、残った曜日の火曜と水曜とから、火曜日となった様です。

また大統領選挙人を選ぶ投票日は「11月の第一月曜日の翌日の火曜日」という表現になってますが、では11月の第一火曜日でいいのでは?と思われると思います。

これは11月1日が火曜日の場合は月始めで忙しいので、このパターンを避ける為に上記の様な表現となったそうです。

今年は11月1日が火曜日です。
これを避ける為に今年は11月の第一月曜日は7日となっており、その翌日の8日火曜日が投票日となっています。

この大統領選挙人を選ぶこの11月8日(火)が実質的に大統領を選ぶ本選挙という事になります。

 

 

 

アメリカ大統領選挙2016の日程は?

 

アメリカでは、大統領本選までに色々なイベントが開催されています。
その日程を下記にまとめてみました^^

 

アメリカ大統領選挙(2016年)の日程

  • 7月18~21日:トランプ氏の共和党大会開催(クリーブランド・オハイオ州)
  • 7月25~28日:クリントン氏の民主党大会開催(フィラデルフィア・ペンシルベニア州)
  • 9月26日:第一回大統領候補者テレビ討論会
  • 10月9日:第二回大統領候補者テレビ討論会
  • 10月19日:第三回大統領候補者テレビ討論会
  • 11月8日:本選挙ー大統領選挙人の投開票日
    ⇒一般有権者が大統領選挙人を投票し選ぶ。各州に配分されている選挙人の獲得数を競う。
  • 12月19日:大統領選挙人による投票で大統領を正式に決定
    ⇒選挙人総数538人の過半数270以上の票数を獲得した候補者が大統領となる。
  • 2017年1月6日:連邦議会で開票
  • 2017年1月20日:新大統領就任式

と、こんな感じになっています。

 

 

スポンサーリンク

 

 

アメリカの大統領選はどうやって決めるの?

はてな?

アメリカの大統領選はどうやって決めているのか?
詳しく知ると、国民があれだけ熱くなって大統領になる人を応援するワケがわかると思います^^

選び方は、例えるなら…アメリカ全土を使った陣取りゲームのような感じです。

各州には決まった数の選挙人がいて、その州で勝負をして勝ったら、その州の選挙人全員を総取りできます

死に票の数は気にしません。
一票でも多ければ勝利というルールになっています。

 

選挙人は全州で何人いるの?

 

選挙人は全部で538人いるそうです。

彼らは誓約に基づいて、その州の勝利者(最も得票数が多かった候補者)に対して投票します。

過半数の270人の選挙人を先に分取った候補者が大統領になります

 

どの州で勝つ方が有利?

 

カリフォルニア州の選挙人の数は55人なのに、アラスカ州の選挙人の数は3人。
もちろん、カリフォルニアで勝つ方が有利になるのは、当然ですが、アメリカ大統領選挙で勝つには、もう1つ条件があるそうです。

 

接戦の州で勝つ

 

歴史的に、共和党の地盤が強い州、民主党の地盤が強い州が存在しているそうです(代表的なのは、共和党のワイオミング州、民主党のマサチューセッツ州など)。

それらを手堅く押さえて勝利し、接戦州(スイングステート)と呼ばれる浮動票の多い地域で勝利するのが、大統領への王道だと言われているそうです。

 

 

大統領選挙の市場に及ぼす影響は?

 

実際の大統領が決まるまでは、極めて小さな影響しか及ぼさないというのが市場関係者の意見だそうです。

しかし、どちらかが一方的に優勢になった場合は、市場にも分かりやすい形で影響が出ると言われています。
とはいえ、どちらも大きな政党ですので、候補者によって経済政策のスタンスの取り方は違います。

民主党が上院、下院両議会で過半数を獲得してのクリントン政権となった場合、クリントン氏は金融政策としてキャピタルゲイン課税などを推し進める可能性が高まり、米国株式市場への影響が懸念されます。

一方、万一トランプ氏が当選した場合、議会も共和党が多数となる可能性が高く、トランプ氏が述べてきた政策が推し進められる可能性が高まります。
トランプ氏の政策は減税、オバマケア廃止(廃止のコストが膨大)、FRBへの介入などドル安(円高)を想起させる政策が目立ちます。

うーん…。
クリントン政権になると、ヒラリーさんは「反日」だそうなので、日本にとってあまり有益ではない事を要求してきそうですし、トランプさんも「白人至上主義」なので、やはりこちらも日本にとってうま味がなさそうです…。

 

★これから株価の変動はいろんな国で激しくなりそうです。もしFXをやられるならFX口座数国内第1位のDMM.com証券はいかがでしょうか。私も開設しましたが結構早くに開設できるものなんですね^^口座開設

まとめ

 

10月19日の討論会ではトランプ氏がそれなりのパフォーマンスを示したので、支持率という面では劣勢であるものの、「まだどちらに転ぶかわからない」という不確実性は残っていると思われます。

私的には、アメリカ大統領にヒラリーさんになってもトランプさんがなっても、日本にとって不利になるような気がします。

それぐらいアメリカの経済は悪くなっていってると思われます。
自国を守るためにアメリカは他国を守る余裕は無い、と思いますので、日本はアメリカの言いなりになっていては、これからエライ目に合うと予想します。

アメリカとタフに渡り合える指導者が日本には必要ですね。


スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.