夏バテの解消法は?原因は?夏の疲れに気を付けよう!②

natsubate_girl2

お盆を過ぎる頃、早くも夏の疲れが出やすい時です。
秋に夏の疲れが出やすい人もいれば、残暑の始まる時に出る人もいます。

お盆を過ぎて出る疲れに関しては、夏バテの症状と似ているようです。
そこで、夏バテの解消法を詳しく調べてみることにしました。

◎「夏バテの解消法は?原因は?夏の疲れに気を付けよう!①」の続きになります。

 

スポンサーリンク

夏バテの予防と解消法

natsubate_girl2

夏は体温調整のために身体に大きな負担がかかりやすく、身体がだるくなったり、胃腸の働きが衰えて食欲が減退します。

体力が消耗し、充分に栄養が摂れないと、体重が減り、その結果夏バテ状態となってしまいます。

休養をしっかりと取り、ゆっくり睡眠を取ると共に、身体が必要とする栄養を充分に摂りましょう。
夏バテ予防&解消法について下記にまとめてみました。

 

 

近頃の夏バテ防止は?

 

夏バテと言うと、一般に「暑さ対策として涼を取り入れる」ということをまず思い浮かべますが、特にオフィスワーカーの場合、暑さではなくて空調の北室内と外気との温度差に身体がついていけないためにバテてしまうことがよくあります。

そのため、ここでは夏バテ対策を体温調整法に絞って紹介してゆくことにします。
人間の体温は自律神経の働きで36.5℃前後に保たれています。

体温が上がると副交感神経が働き、汗を出して体温を下げますが、逆に体が冷えてくると交感神経が体温を上昇させます。そのため、外が暑いからといって冷房の効いた部屋に長時間いると、交感神経ばかりが働いて自律神経の正常な働きを狂わせてしまいます

その結果、体温調整がうまく出来なくなって、冷えた部屋から外に出ると激しい疲労に襲われることになるのです。
顔だけ、または脇や背中だけ大汗をかくという人は特に注意が必要です。

とにかく夏バテ予防法としては、

  • ウォーキング
  • 縄跳び

 

など軽い運動で正しい汗のかき方を身体に思い出させたり、ふくらはぎなど下半身を鍛えることで血流を良くしてむくみを防ぎましょう。

 

 

スポンサーリンク

 

 

暑い時の水分の上手な摂り方は?

 

通常、私たちに必要な水分量は1日に2~2.5リットルですが、夏は汗をかくので、これ以上摂るようにしましょう。
食事で1リットルは摂れるので、残りは飲みものとして摂ります。
水分補給には朝・昼・夕の食事の時にお茶などを各1杯、午前と午後に各1杯は飲むことがおすすめなようです。
1杯で約200cc摂れます。
そして、これ以外に体を動かすなどして汗をかいた時は、そのつど水やお茶などの水分を補給しましょう。

※飲み方によっては水分の摂り過ぎの害もあるとの事

 

 

暑い夏と水分補給

 

暑い夏は、水分補給で知っておいたほうが良さそうなことを下記にまとめてみました。

 

  • 牛乳は胃の粘膜を保護する働きがあるので、胃の疲れ気味な夏には特におすすめの飲み物です。
    苦手な人もコーヒーに入れるなどして、なるべく毎日飲むようにしたほうが良さそうです。
    ヨーグルト飲料にも同様の効果が期待できるとの事。
  • スポーツや散歩など戸外で汗をかく時には、スポーツ飲料や麦茶を入れた水筒など水分補給の用意を忘れ1ないようにしましょう。
  • 夏風邪や下痢の時には、特に水分の補給が大切です。
    この場合は温かいものがオススメだそうです。
  • 水分補給で気をつけたいのがエネルギー過剰。
    炭酸飲料はもちろんスポーツ飲料にも結構なエネルギーがあるので注意です
  • 冷たいものをガブ飲みすると、胃に負担がかかったり食欲をなくすなど夏バテの原因になります。
    その点、温かいものをゆっくり飲めば、飲む量は少量でも飲んだという充足感が味わえます。
    水分を過剰に摂りすぎないためにも、温かい飲み物を上手に摂るように心懸けましょう。

 

 

 

水分は少しずつ摂りましょう

 

暑い夏にはたくさん汗をかきます。
夏は軽作業でも1日2~3リットルの汗をかくと言われています。

従って、夏には汗の原料であるをたくさん補給する必要があります。
普段余り水を飲まない人も、なるべく気をつけて水分を補給するように心懸けましょう。

水を飲まないと、ドロドロの血液になって、むくみや鼻水、下痢などの症状が出てきます。
※いくら水分が必要だからといって、冷たい水をガブガブと一気に飲むと、身体に吸収されにくく、胃腸が冷えて却って消化能力を落として、その結果夏バテになってしまうそうです。
そこで、1番よいのは、

温かい飲み物を少しずつ飲むこと

だそうです。
緑茶だけではなく、消化を促進したりリラックスする効果のあるハーブティー(カモミールティーやジャスミンティーなど)も夏バテにはよいそうですよ^^
ただ、暑いのでどうしても冷たい水が飲みたくなるのは仕方がないことです。
その時は、口に少しだけ含んで口の中で水を少し温めてから飲むようにすればずいぶんと変わりますョ

 

 

高齢者の場合は…

 

また、高齢者の場合は感覚が鈍くなっていて、脱水症状を感知しにくい場合があります。
そういう場合は、定期的(例:1時間に1回など)に水を飲むようにするなどの習慣をつけるようすると良いようです。

特に高血圧の治療などで利尿剤を飲んでいる場合は脱水症状にはくれぐれも注意して下さい。

 

幼児の場合は…

なお幼児の場合は、身体に保てる水分の量がとても少なく、また、尿の濃縮能力も未成熟で水分の排出量が高いので、早め早めに水分補給をさせることが必要です。

 

 

ジュースやアルコールは控えましょう

 

juice_orange

 

喉が渇くのでついつい冷たいジュース類などを飲みたくなるものですが、そうすると、

冷たいジュースを飲む→甘いのでまたノドが渇く→ジュースを飲む

と、ジュースをどんどん飲んでしまい、結局は糖分を摂りすぎて太るだけということにもなりかねません。
冷たい飲みものが欲しくなったら、ジュース類は避けて、水またはお茶にするようにしましょう。

また、「仕事帰りにビアガーデンで一杯!」とかは暑い夏には最高です
しかし、アルコールを摂取すると、その分解過程で水分が取り込まれてしまい、飲んだビールの1.5倍以上が尿と共に排泄されてしまいます。

夏バテを感じていたらアルコールは控えめにするように心懸けることをおすすめします。

 

◎長くなりそうですので、「夏バテの解消法は?原因は?夏の疲れに気を付けよう!③」へ続きます。

 


スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.