バイク!キックでエンジンを早くかけるコツは?

a0002_007739

うちの小型バイクは、ボアアップしてから、キックでエンジンがかかりにくく(キックでかけるタイプ)なりました。

平均、10分はかかります。
真夏の日などは、汗だくになって、やっとエンジンをかける、という…

そこで、キックでエンジンをすぐかかるようにするコツを詳しく調べてみました。

 

スポンサーリンク

キックでエンジンがかからない原因は?

 

 

a0002_007739

キックでエンジンがかからない原因を色々調べてみました。

  1. ガソリンは入っているか?
  2. ガソリンコックはONまたはリザーブになっているか?
  3. キルスイッチはONになっているか?
  4. サイドスタンド、センタースタンドは上がっているか?
  5. クラッチ、またはブレーキを握っているか?
  6. セルはまわっているか?
  7. チョークを引いてセルを回しているか?

これら簡単な作業だけでエンジンがかかる事が約7割を占めているそうです。

 

またこれ以外に考えられるのは、

  • セルを回しすぎてバッテリーをあげてしまった。
  • チョークを引いてセルを回しすぎた、またはアクセルをあおり過ぎたのでプラグがかぶってしまった。

 

ということが考えられるそうですが、こうなりますと若干の工具を必要とするんだそうです^^;
あとは、

  • バッテリーをあげてしまった場合
    この場合は、充電が必要です。

    (ほとんどのバイクが12Vですので12V対応充電器をご利用ください。)

 

バッテリー充電器をお持ちでない場合はお近くのバイク屋さんで充電してください。
または、自分でも充電器を持っていれば、充電することができます♪^^
◎バイクのバッテリー交換(充電)記事はこちらをごらんくださいhttp://ukihana47.com/archives/2362

 

 

  • プラグがかぶってしまった場合

これが原因の場合には、プラグレンチを利用して(バイク屋さん、またはバイクのパーツを扱っているお店で売っています。車種をいえばサイズを調べてくれます。)、プラグをはずし、ワイヤーブラシなどで綺麗にしてください。
プラグの劣化が激しいなら、プラグを新品と交換する必要があります。

ほとんどの場合はこれで始動するそうです。

★プラグレンチは楽天でも購入できます^^見てみる

★ワイヤーブラシは楽天でも購入できます^^見てみる

 

どうでしょうか?
心当たりはありますか?

 

 

スポンサーリンク

 

バイクをキックでエンジンをすぐかかるようにするコツは?

 

それでは、バイクをキックでエンジンをするかかるようにするコツはどうしたらいいのでしょう?

 

①まずキックを軽く足てちょんちょんと踏みおろさない程度て踏んで行けば少しずつ上がって行って
1番高い所にまで待って行った地点でキックペダルを力強くキックします。
そうする事に依りエンジンのストロークを有効に使える様になりエンジンの掛かりが容易になるそうです。

これはどのキック式のバイクにも言えます、特に4stだとこれが出来る出来ないでエンジンの掛かりに差が出ます。
スロットルは煽ったらいけません

掛かるまでは一定に保って下さいとの事。
掛かっても変に煽ると止まってしまったり、冷えた状態でスロットルを煽ったら駄目です。

※心当たりが有れば最寄りのバイク店に御相談ください。

 

②後、アクセルは全閉より僅かに開けた方が良い場合も有ります(1/8程度)

ということだそうです。
では、最後に実際やってみた感想を…!

 

実際一番早くかかった方法は?

youngwoman_42

うちのXRモタード100は、バッテリーが無いので、バッテリーが上がる、とかもないです。
なので、バッテリーが原因ではないですねー^^;

あと、セルスターターボタンはなく、キックでエンジンをかけるタイプなので、原因の3と6は原因ではないですね。
ガソリンは常に入っていますし、ガソリンコックもONにしてからエンジンをかけます。

サイドスタンド(センタースタンドなし)は、上げないでステップに乗ってキックをしないと身長が足りません^^;

チョークは、混合気(空気とガソリン)を一時的に濃くする(たくさん送り込む)ための装置なのですが、うちのXRは、混合気が濃すぎてエンジンがかからない事になっているようなので、チョークを引っ張るのは逆効果のようです。

 

実際うちのXR君で試した中で、早くかかった方法は…

  1. キーを差し込んでONにする
  2. ガソリンコックをONにする
  3. クラッチを握って、少し前に進ませて、シフトをセカンドにする
  4. クラッチを握ったまま、キックを3回くらいキックをゆ~~っくりおろす
  5. 4回目に1番高いところから力強くキックします
  6. それでエンジンがかからなかった場合は、少し待ちます
  7. 4、5を繰り返す
  8. 7でもかからない場合は、シフトをニュートラルにして、右手は右のミラーの根元を持って、スタンドを上げて(出来るだけ車体をまっすぐになるように股で挟む)、キックで1番高い所からキックする

という感じでかかりました^^
うちのボアアップしたXR君のパターンですので、こういう例もある、と思って参考になれば幸いです♪

それと、ライトは「LO」にしたほうがかかりやすかったです^^

 

 

まとめ

 

バイクのエンジンがかかりにくいと、ツーリングで周りの人を待たすかも…と憂鬱になりますよね。
問題点はそのまま放っておかず、早めに解決して、楽しいバイクライフを送りたいものですね!^^v♪


スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.