奈良県明日香村!奥明日香の入谷集落ってどんな所?

a0027_002837

奈良県の吉野のほうでは、アユやアマゴが川で釣れるんですが、いかんせん南部まで行くのが遠いので、もっと中部のほうで川釣りができないか探してみたところ、昔は奥明日香の入谷集落らへんの川で釣りができた、という情報が!

今は無理そうですが、奥明日香という場所に興味が湧いてきたのです。

そこで、奥明日香村入谷集落を調べてみることにしました^^

 

 

スポンサーリンク

奈良県明日香村ってどんなとこ?

 

a0027_002837

明日香村(あすかむら)は、奈良県の中央部に位置する村である。
中央集権律令国家の誕生の地である事から飛鳥時代の宮殿や史跡が多く発掘されている事で知られています。

一番有名なのは、やはり「石舞台古墳」ですね^^
石舞台古墳は、飛鳥歴史公園内石舞台周辺地区の中央に位置するわが国最大級の方墳です。
文政12年(1829)の津川長道の「卯花日記」では、蘇我馬子の墓ではないかという考察が加わっているそうです。

DSCF2660

◎石舞台古墳の動画をyou tubeで見つけましたので、良かったら参考にどうぞ~^^


 

奥明日香の入谷集落ってどんなとこ?

 

この場所には、雑踏とした都会と異なり、昔ながらの日本の原風景が広がっています。
田畑や里山、空気や土・水、そして人々の活動、そこにある全てが多くの現代人の薄れつつある昔の記憶を呼び起こす悠久の時が流れています。

朝霧に囲まれる伝統的集落、小川から聞こえるせせらぎ、眼下に広がる奈良盆地の素晴らしい眺望景観、虫たちの鳴き声が響き渡り、夕焼けに包まれる田畑や里山を眺めるだけで、体と心を癒してくれると思われます。
また、この地域は重要文化的景観「奥飛鳥文化的景観」として指定されており、名実ともに日本有数の素晴らしい景観を保全・継承してきた地域との事です。
今は遊休農地対策として放たれているヤギたちも、住民の心を癒してくれるアイドルとて活躍しているそうです。

ヤギまでいるんですねー@0@
奈良県にこんなところがあったとは!

DSCF2628

DSCF2629

DSCF2630

DSCF2631

DSCF2632

DSCF2633

飛び石のある川。魚が泳いでいるのが見えるくらい透き通っていました^^

DSCF2634

DSCF2635

DSCF2636途中、整備された川があります^^

DSCF2637

DSCF2638

DSCF2639

DSCF2640

DSCF2641

DSCF2642

DSCF2643

DSCF2644

ふぅ。やっと着いた~^-^v♪

DSCF2645

DSCF2646

どこまでが集落なのだろう?どんどん登っていきます。

DSCF2647

DSCF2648

眺めサイコ-!でも、こんな傾斜のキツイ山の斜面に家は、結構不便かも?と推測します^^;

DSCF2649

こ、これ以上はこう配もキツくなるし、なんだか怖いし、バイクじゃ行けない~
Uターンします^^;

DSCF2650

とにかく、水が豊富なようです^^

DSCF2652

アクセス

近鉄橿原神宮前駅か、飛鳥駅下車が便利です。
近鉄橿原神宮前駅(東出口)・飛鳥駅より、『かめバス』(周遊バス・循環バス)が出ています。

※かめバスに関してはコチラ

●大阪方面からお越しの方は…
【大阪市内からのアクセス】

  • 近鉄あべの橋駅から「吉野行」に乗車。飛鳥駅下車。
  • 所要時間:近鉄あべの橋 > 飛鳥駅(特急約40分/急行利用約45分)

【関西国際空港からのアクセス】

  • R特急で天王寺駅(あべの橋)。あべの橋(天王寺)から近鉄吉野行特急に乗り換え、飛鳥駅下車。※近鉄八木駅行きのリムジンバスが出ています。
  • 所要時間 :関西国際空港 > 天王寺(特急約30分)

●京都方面からお越しの方は…
【京都市内からのアクセス】

  • 近鉄京都駅から「橿原神宮前」行に乗車。橿原神宮前駅で、吉野線「吉野」行に乗り換え、飛鳥駅下車。
  • 所要時間:近鉄京都駅 > 橿原神宮前駅(特急 約51分/急行利用 約1時間10分) > 橿原神宮前駅→飛鳥駅(約4分)

●名古屋方面からお越しの方は…
【名古屋市内からのアクセス

  • 近鉄名古屋駅から「難波」行に乗車。(大和八木停車車両のみ)、大和八木駅で、橿原線「橿原神宮前」行に乗り換え。橿原神宮前駅で、吉野線「吉野」行に乗り換え、飛鳥駅下車リ。
  • 所要時間:近鉄名古屋駅 > 大和八木駅(特急 約1時間50分)

 

スポンサーリンク

 

おすすめランチ場所は?

 

img_index

出典:奥明日香さらら  http://okuasukasarara.kir.jp/

 

奥明日香に行ったら、ランチをしたり、カフェする場所はあるのかな?と思い調べてみたらありました!^^♪

「奥明日香さらら」

DSCF2653

DSCF2654

DSCF2655

 

奥明日香さららでは、地元で採れる旬の食材を主役にした、奥明日香に伝わるふるさとの味を出しているとの事。
また、手作りのケーキとともにカフェタイムを楽しんでいただく事もできるそうです^^

lunch-sarara-3

出典:奥明日香 さらら http://okuasukasarara.kir.jp/menu.html


さらら膳(1,800円)<要予約>

こちらのさらら膳は、

  • 黒米入りごはん
  • 鶏肉の生姜焼き
  • 神奈備豆腐(かんなびどうふ)
  • 手作りこんにゃく
  • 黒米うどん
  • 季節の野菜料理
  • 汁物
  • 季節の漬物
  • 季節のデザート
  • 珈琲または紅茶

というとってもボリューミーな量となっています@0@;
そして、身体によさそうですね!^^

 

※予約なしでも来店できますが、せっかく遠方から行ったのに満席で断られたりする場合や臨時休業の場合があったりするそうですので、来店前に電話にて、確認することをおすすめします。

●営業日・営業時間

営業日:毎週 木・金・土・日 ※臨時休業の場合もありますので、事前に問い合わせ要。

営業時間:11:00〜16:00

夏期休業:8月1日〜8月末日

冬期休業:12月21日〜翌年1月末日

 

●所在地

〒634-0124 奈良県高市郡明日香村栢森137

電話 0744-54-5005

HP:奥明日香さらら

★奈良旅行で宿泊を予約する場合は楽天トラベルで簡単に予約できます♪^^v見てみる

★また、入谷集落で農家民宿なるものも見つけました^^http://www.okuyamato.pref.nara.jp/nouka/stay/yamatoheiya.html

★飛鳥時代の話を分かりやすく書いた漫画の記事はこちらをご覧ください^^http://ukihana47.com/archives/2299

 

まとめ

 

今回調べてみて、とっても行きたくなりました!奥明日香!^^♪
できれば、ボアアップした小型バイクでぶら~とソロツー先に選んで行ってみようと思いました。

また行ったら、追加で写真アップしますネ!^^v

追記:

奥明日香の入谷へ行ってきましたので、写真を上記にアップしておきました♪^^
とても自然がいっぱいで、ジブリの世界を思い出しました

こういう所で育っていたら、人懐こくなっていたかもしれません^-^


スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.