楽天Edyの電子マネーってどういうもの?

rc-h-logo

楽天の電子マネーに「楽天Edy」があります。

もともとは「Edy」という名前で知られていたそうなのですが、いつの間にか楽天の名前が入っている…??;

楽天を使うのであれば、よりお得に使える電子マネー。
そうでなくても使い勝手のいい電子マネーだということで、詳しく調べてみました^^

 

スポンサーリンク

楽天の電子マネー「楽天Edy」って何?

 

rc-h-logo

出典:http://edy.rakuten.co.jp/

 

楽天Edyは、楽天の電子マネーです。
簡単に言いますと、

  • カードタイプであったり、おサイフケータイとして使うことができるもの
  • 使う時は、端末にタッチするだけで決済できる

というもの。

お金の支払いにかける時間が減らせるというメリットがあり、利用者にとって嬉しいです^^

 

年会費・入会金は不要

 

楽天Edyは便利な電子マネーなので、使うためにはお金が必要じゃないの?
って思いますよね。

大丈夫なんです!^^
楽天Edyは年会費や入会金といったものは一切ありません
無料で使えます♪

 

還元率は?

 

200円使うごとに1ポイント貯まります^^

還元率は0.5%!

 

楽天Edyは、電子マネーとして使った金額に応じて、楽天スーパーポイントが貯まります。
税込200円使うごとに1円分の楽天スーパーポイントが貯まる仕組みです。
楽天Edy自体の還元率はそれほど高くはありません。

ですが、現金支払いの手間が省けるだけでも便利なのに、ポイントまでもらえるのはありがたいことだと思います^^

  • 時間短縮
  • ポイントも貯まる

楽天Edyが使えるお店では積極的に電子マネー払いしていくとお得かも!?

 

ポイントプラス加盟店では200円で2ポイント貯まる

 

楽天Edyでは、毎月1回、ポイントプラス加盟店が変わって、その店舗で買い物した時に限り、

200円で2ポイント貯まる

ようになります。

 

通常は200円で1ポイントしか貯まらないので、ポイント2倍です。

還元率は1%

です。

楽天Edyでよく買い物するのであれば、定期的にチェックしておくのがオススメですね^^♪

 

スポンサーリンク

 

楽天Edyで支払う時はどうするの?

 

楽天Edyは全国40万以上の加盟店で使うことができます。

それらのお店で買い物する時に、現金払いやクレジットカード払いではなく、楽天Edyで支払うことを伝えれば、店員さんが指示してくれます。

タッチする機械がありますので、そこに手持ちのカードもしくはスマートフォンをタッチすれば支払いが済ませれます^^

 

楽天Edyが使える店舗・コンビニなどは?

 

では、具体的にどこのお店で楽天Edyが使えるの?
という疑問が湧きますよね?^^

楽天Edyは、主にコンビニで使えます。
少額決済になりがちなので、楽天Edyが使えることで小銭を出す手間が省けますヨ

 

-使えるコンビニの一覧-

  • セブンイレブン
  • ローソン
  • ファミリーマート
  • サークルKサンクス
  • デイリーヤマザキ
  • スリーエフ
  • ミニストップ

その他で使える主なお店は以下の通りです。
※以下であがってないお店でも、使えるところはたくさんあります

  • マツモトキヨシ
  • マクドナルド
  • 紀伊國屋書店
  • ヨドバシカメラ
  • サンマルクカフェ
  • 上島珈琲店
  • 山内農場
  • ビッグエコー
  • シダックス

楽天Edyが使えるかどうかの目印は、楽天Edyのロゴマークがあるかどうかになります。
コレですね

rc-h-logo

出典:http://edy.rakuten.co.jp/

 

 

 

 

 

 

 

たいていは、入口付近に小さく書いていることがあります。

では、楽天Edyを使うにはどうすればいいか?

いくつかの方法があって、いずれかの方法を使えばOKです。

  1. 楽天Edyが一体型の楽天カードを申し込む
  2. Edy-Rポイントカードを使う
  3. おサイフケータイで使う
  4. 楽天Edyが一体型の楽天カードを申し込む

 

クレジットカードの楽天カードをこれから申し込む時は、楽天Edyがカードに搭載された楽天カードを申し込むようにしましょう!

そうするだけで、楽天Edyが使えるようになりますよ^^♪

楽天Edyが使えるお店で、楽天カードが入った財布をタッチすれば、それだけで買い物ができちゃいますね!
楽天カードは、クレジットカードとしてもポイントが貯めやすくて便利です。



 

楽天カードのお得な使い方は?

 

楽天カードに登録すると、色々と便利です^^
楽天カードから楽天Edyにチャージ出来たり。

楽天カードを登録すると、Edy機能も付いてきます♪

★楽天カードに登録したい方はコチラからどうぞ^^年会費無料!お得なキャンペーン実施中

Edy-Rポイントカードを使う

 

クレジットカードは別のを使っていて、楽天カードは持てない。
そんな場合もありますよね。

そんな時は、楽天Edyの機能を持たせたEdy-Rポイントカード」を使ってみましょう。

ただし、このカードは100円かかります
無料で手に入れることはできません。

ピンクの3色のカードから選べますが、どの色であっても値段は変わらないです。
楽天EdyとRポイントカードの機能の両方を持つことができるカードですね。

★いろんな絵柄のEdy-Rポイントカードを手に入れたい方は楽天から購入できます^^見てみる

 

おサイフケータイで使うこともできる

 

クレジットカードもポイントカードもカードが1枚増えてしまいますよね。
どちらも便利ではありますけど、モノを増やしたくない気持ちもあると思います。

できるだけカードを増やしたくない方には、今持っているスマートフォンのおサイフケータイ機能を使いましょう!^^

 

おサイフケータイで楽天Edyを使う設定を行えば、いつでも楽天Edyを使えますよ。
個人的には、おサイフケータイで楽天Edyを使うのが一番便利な方法だと思います。

このあと説明するクレジットカードからのチャージも、おサイフケータイに対応しています

楽天Edyは電子マネーで、別のところからチャージしないと使うことができません。
チャージする方法はいくつかありますけど、クレジットカードからチャージできるのが一番節約になりますョ。

 

クレジットカードからのチャージ

 

クレジットカードからのチャージすることで、オートチャージもできます。
オートチャージとは、自分で設定した金額以下になっていると、自動的にクレジットカードからチャージされる仕組みのことです。

例えば、1,000円未満なら3,000円チャージされるようになっていて、980円しか楽天Edyの残高がない場合は、オートチャージされますよ。

1時間に1回、自動的に残高チェックが入り、勝手に楽天Edyにチャージしてくれます

チャージに使える主なクレジットカードは以下の通りです。

  • リクルートカード(VISA)
  • 楽天カード
  • エポスカード

クレジットカードからチャージできることで、クレジットカードのポイントが貯まる分だけお得になります。



 

リクルートカード(VISA)から楽天Edyのチャージが一番お得?

 

リクルートカードのVISAブランドであれば、楽天Edyのチャージに対応しています。
リクルートカードの還元率は1.2%もあって、かなり高いです^^

楽天Edyを使った時には、0.5%の還元率で楽天スーパーポイントが貯まりますので、合計すると、

1.7%の還元率

にできます。

 

楽天Edyを使う時は、これが最もお得な方法です。
リクルートカードからチャージした場合は、1.2%分はリクルートポイントが貯まります。

もし、リクルートポイントを全く使う機会がないのであれば、いくら還元率が良くても意味がないですよね。
そんな時は、楽天カードから楽天Edyにチャージするように設定しておきましょう。

 

★リクルートカードの作成はネットからでもできます♪^^


楽天カードからも楽天Edyにチャージできる

 

楽天カードからEdyチャージで楽天スーパーポイントが貯まります。

200円で1ポイント

楽天カードでも、ポイント還元率が1%あるので、楽天Edyを使った時に貯まるポイントと合わせると、還元率1.5%です。
何よりも、楽天カードも楽天Edyも貯まるのは楽天スーパーポイントになるので、余計なことを考える必要がなくなります。



 

まとめ

 

楽天Edyは、一度使い始めると財布代わりになる便利な電子マネーだとわかりました^^
楽天カードを持っていても、あまり使いこなせていませんでした。

電子マネーを使うこともそろそろ考えたいと思います。

Edy付きの楽天カードやおサイフケータイなどを使って、楽天スーパーポイントを貯めつつ、現金支出を減らしていけたらいいですね!^^v♪


スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.