簡単!ネッククーラータオルの作り方♪

DSCF1345

夏の暑い時って、首に汗が溜まりませんか?
私は溜まります。
そして、タオルを首に巻きます。
でも、タオルを首に巻いて外出するのって、ちょっと恥ずかしいですよね。
首にタオル、のイメージは、畑仕事、建設業等の外での作業、運動会…

そこで、タオル地のネッククーラーを作ってみました。

スポンサーリンク

ネッククーラータオルの簡単な作り方は?

walking_woman

―材料―

  • フェイスタオル  1枚(2枚出来ます♪)
  • スナップボタン(マジックテープでも良い)

※私は、マイクロファイバー入りの肌触りが良いタオルを生地に使いました。乾かしても早く乾きますしお勧めですヨ♪

  1. タオルを半分に切ります。
    DSCF1309
  2. その半分を横に折って、保冷剤を端に置き、保冷剤左右2.5cmくらいを空けて、切ります。DSCF1310
  3. 切ったところ↓
    DSCF1311
  4. 2で保冷剤の大きさに合わせて切った布のほつれが出ないように裏側に1cmくらい布を折って、仮縫いしてミシンで縫います。
    DSCF1312
  5. 布を表にして上下を少し重なるようにして端を(ミシンでも手縫いでもいい)縫います。
    DSCF1316
  6. 縫ったあと↓
    DSCF1317
  7. 本体を裏側にして端を仮縫いしてミシンで縫います。
    DSCF1314
  8. 片方だけ端を縫って、表地に返します
    DSCF1315
  9. 右から29cmの所が、袋の中心にくるように袋を本体に縫い付ける。
    DSCF1318
  10. 本体の縫ってなかったほうの端を、布を折りこんで縫う。
    DSCF1319
  11. 袋に保冷剤を入れてみて、袋のフタ部分等にスナップボタンをつける。
    DSCF1322
  12. 首回りに合わせてスナップボタン(又は、マジックテープ)の位置を決め、縫い付けます。
    DSCF1325
  13. 出来上がり♪
    DSCF1362

-ポイント-

スナップボタンを付ける位置は、下側の生地は斜めにつけるとつけた時に可愛い感じになります。

ネッククーラータオルの簡単な赤ちゃん用の作り方は?

―材料―

  • フェイスタオル  1枚(2枚出来ます♪)
  • スナップボタン
  1. フェイスタオルを4等分して切り、1枚を裏生地を表にして、長方形になるように半分に折る。
    DSCF1344
  2. 左右どちらか片方を残してミシンで周りを縫い、生地を裏返して(表生地を表にする)、縫って無かった端を縫う。
    DSCF1345
  3. スナップボタンをつけて出来上がり♪

-ポイント-
赤ちゃんが低温ヤケドしないように、保冷剤入れは無しにしています。

★子供用のサイズは?(3歳~6歳用)

1のネッククーラータオルの作り方で、横幅を10cm短くして作ると、子供用のサイズになります。
DSCF1310 2

保冷剤を置いて切る時に、10cmほど余り布が出てくる形になります。

スナップボタンの付け方は?

スナップボタンの付け方がわからない、という方のために動画を貼りつけましたので、ご参考にどうぞ~。


スポンサーリンク

タオル以外の生地での代用は利く?

タオル以外の生地で作っても、また違ったデザインになります♪
下記の生地でも作れますので利点も含めて、紹介しておきますね^^

  • 手ぬぐい→柄が星の数ほどあって、見た目を楽しめます。
  • バンダナ→柄もおしゃれですが、とても作りやすい。首にしっくりくる。
  • ガーゼ生地→肌触りがよく、風通しが良いので、一番涼しい。
手ぬぐいを使った簡単なクールネックの作り方は?

―材料―

  • 手ぬぐい生地  1枚
  1. 手ぬぐい生地の周りを内側に1cmほど折って縫う。
    DSCF1359
  2. 長方形に3等分に折って、2/3折った状態で、保冷剤を中心に置いて、左右2~3cm大きめにミシンを縫う。
    ※青い点線部分
    DSCF1360 2
  3. 長いので、マフラーのように巻くタイプに。
    DSCF1361
バンダナを使った簡単なクールネックの作り方は?

―材料―

  • バンダナ  1枚
  • マジックテープ
  1. バンダナを三角に折ります。(ピッタリ端が合わないバンダナもあると思います。そこは気にしないで、大体で三角に折ってください)
    DSCF1326
  2. 三等分に折る。(三角の先が少し出る感じで)
    DSCF1327
  3. 三角の先を内側に折る。
    DSCF1328
  4. 1/3を開いて、中心より少し左に保冷剤を置いて、その左右2cm外側をミシンで縫う。(首でマジックテープをつけた時に後ろ首の中心が少しズレるため)
    DSCF1337
  5. マジックテープをミシンで縫う。
    DSCF1335
  6. 3等分に折って端を少しミシンで縫う。(白字で示している場所)
    DSCF1342 2
  7. 出来上がり♪
    DSCF1343

◎マジックテープは、手芸屋さんでも売っていますが、100均でも買えます♪
もちろん、ネットでポチっとでも買えます^^

新しく生まれ変わった≪マジックテープ≫エコマジック【縫製用スタンダードタイプ】

ガーゼ生地を使った簡単なクールネックの作り方は?

―材料―

  • ガーゼ生地  1枚
  • スナップボタン

※ガーゼ生地のランチョンマットがありましたので、今回それを使います

  1. ガーゼ生地の端を縫います。
    DSCF1353
  2. 長方形になるように3等分して、2/3折ります。
    DSCF1354
  3. 中心に保冷剤を置いて、その左右2cmくらい外側を縫う。
    DSCF1357
  4. 1/3を重ねて端などを縫う。(水色点線の部分。全部縫ってしまうと、保冷剤を入れれないので、中心辺りは縫わない事)
    DSCF1357 2
  5. スナップボタンを端につけて、エリのような感じに♪出来上がり♪
    DSCF1358
もうひと手間を加えて可愛くしてみましょう

残ったタオル生地で動物のふわふわアクセを作ってみましょう。

  1. 生地を先に切ると上手く縫えない可能性がありますので、先に生地を裏返して二つに折り、動物の形の2/3まで縫います。
    DSCF1351
  2. 縫った周り2cmくらいを布切ばさみで切り、1/3縫ってない所から裏返して、タオル生地の余りを少し詰めて厚みが出るようにする。
  3. 詰めたら1/3を内側に生地を織り込みながらまつり縫いをする。
  4. 目や鼻、髭などを縫い込む。
  5. 赤ちゃん用のネッククーラーにつける。
    DSCF1356

◎ひと手間のアクセを作るのが面倒だ、という人は、100均で売っているアップリケをつけてみる、というのも簡単で可愛く仕上がります。
いえ、もうつけるのも面倒だという人には、下記のアイロンで付けるアップリケがお勧めです♪

funnyZOO・アイロンアップリケ(コットンアップリケ)≪全32種類≫

まとめ

作ってみた感想としましては、やはり肌触りはタオル生地がすごく気持ち良かったです♪
また、体温を下げるには、首や脇、股を冷やすと効果的だと言われています。
その一つ、首を冷やすので、かなり涼しくて快適でした。
そして、全部簡単に作れますが、その中でも一番簡単に作れたと感じましたのは、バンダナでした。

汗も吸ってくれるネッククーラータオルで、且つ体温も下げてくれますので、暑い夏をちょっとしたアイテムで快適に乗り切れたらいいですね。


スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.