英会話を独学でする勉強法は?

english_book_girl

私は、小学生の頃から、将来は海外で住みたい、と思っていました。
しかし、英語は、英検3級止まりで、中学英語までぐらいしかわかりません。

 

将来海外に住むか実現するかわかりませんが、今から少しでも勉強して、ちょっとでも英会話が出来るように、独学で出来る勉強法を詳しく調べてみました^^

 

スポンサーリンク

おすすめの教材は?

textbook_eigo

 

独学に必要なのは、まず良い教材を選ぶ事だと思います。
そして、良い教材を選ぶポイントは、やはりCDメインの商品だそうです。
それはなぜかと言うと、

  • 比較的リーズナブルな商品が多い
  • CDを聞いて英語を覚えるというのは、英会話学習の基本中の基本。

 

という事だからです。

CDの質が良い教材は、テキストも良い傾向にあり、数多い英会話教材のなかでも、良質な商品が多いのが特徴。

CDの「英語をまねる」

これが、独学で一番大事なようです^^
確かに、英語の発音は、英語を話す上で大事ですし、文章で続けて言う発音の仕方も特徴がありますので、それを学ぶにもCDは最適です。

そこで、私が、長年本屋さんや図書館で、良い英会話教材を探してきて、やっと最近見つけたのがコレ!です。

 


★amazonで購入できます♪中学英語でペラペラになる! カリスマ英語速習法

 

 

この教材は、CD2枚付で、発音も分かり易く、2回目を読む時には、意味も一緒に言ってくれます。
そして、どうやったら、英語を話せるようになるか、というのを詳しく第1章で説明してくれています。

私は、この第1章がものすごく大事な気がしました。
人は、10歳を過ぎると「体験的」に言語を覚えるのではなく、「論理的」に覚える、と言う事が載っていましたが、確かにその通りだと思います。

小さい子がなぜ、言語の習得が早いのか?が詳しく説明してあり、大人には大人の言語習得の仕方がある、ということなのです。

そして、日本人に合わせた教材は、良い教材とは言えない、というのも説明してありました。
そこのところは、読んでからのお楽しみ♪です^^

この教材は英会話習得のために、何が無駄なのかわかるという点でもおすすめです^^

 

上記と似た商品で、他の教材を探してみますと、

中学英語を復習して英会話がペラペラになる本―「中学英語」でネイティブに通じる!カラー版

中学英語を復習して英会話がペラペラになる本―驚くほどやさしく指導!目+耳でどんどん上達!!

中学レベルの英単語でネイティブとペラペラ話せる本!―CD付き

 

というものがありました。
英語を話せるようになるには、最低限の文法が論理的にわかっているほうが、日本人の大人には英語を話しやすい、ということがわかりましたので、そういう主旨の教材なら、お好みで選んで、じっくり1冊をやりこむと良いと思います^^

 

他にはこんな教材も

また、ゲームが好きな人は、DSを持っていたりされているのではないでしょうか?
そういう方は、DSを使わないのは勿体ないですよね^^

★DS英会話ソフトは楽天でも購入できます♪【中古】 アルクの10分間英語マスター 初級 /ニンテンドーDS 【中古】afb

 

そして、スマホなどが普及していますので、

★スマホなどをお持ちの方は、アプリで勉強するというのも今風ですね^^楽しく英語学習!アプリで上達!

 

あまりお金をかけたくない方は、こういう教材もある、というのを書いてみました^^

 

スポンサーリンク

 

おすすめの独学で出来る英会話勉強法は?

stamp_english1

 

独学のポイントは、継続して英会話に取り組むことが大前提となります。
毎日時間を決めて、教材で英語を覚えていくことが大事なんですね。

そして、独学で英語を勉強しようとした人はわかると思いますが、独学は意志の強さが成功のカギを握っています。

 

 

毎日時間を決めてコツコツと英語に取り組む

 

社会人の方は特にここが重要になります。

仕事が忙しく、体が疲れていると、ついつい「まぁ今日は勉強しなくてもいいや」ということに陥りがち。

そこで、朝の通勤時間や会社の昼休み、帰りの電車内など、時間を決めて、「この時間は英語を頑張ろう」という自分ルールを作っておくことが大切です。

 

 

「家でじっくり英語に取り組めない!」という方は、通勤時間や昼休みなど、ちょっとした時間に英会話教材を使う習慣を持つのがオススメのようです。

通勤時間は、CDを聞きながら、反復(同じ言葉を繰り返して言う)はできませんので、聞きながら教材を見る、ということになります。
ですから、家に帰ってから、「CDを聞いて反復する」というルールにすれば、疲れていてもなんとか出来そうです。

 

細かいルールは自分の仕事時間や通勤方法でも変わってきますので、そこは自分ルールを作る、というのが一番最初にやらないといけないこと、になるでしょう^^

 

独学の注意点

 

独学の良いところは、自分のペースで、コツコツと英語に取り組めるところです。

ただ、一人で取り組む分、勉強した内容がきちんと身についているか、チェックが甘くなりがちなのが難点です。
強い意志がないと、勉強も続かなくなってしまうかもしれません。

そこで、独学で英会話に取り組む場合は、

 

上達を実感できること

 

が大切です。
そして、

  • 勉強したことはきちんと身についているか?
  • 英語の発音は間違っていないか?
  • ネイティブとコミュニケーションがとれるか?

 

など、ある程度勉強が進んだら、外部でアウトプットするのがオススメです。
今は格安のオンライン英会話レッスンなどで、そういうチェックができやすい環境にあります。

★まずは、オンライン英会話で無料体験レッスンを受けてみるというのも手です^^♪オンライン英会話【キャンペーン実施中】

★6か月で英語を聞き取れるようになりたい方はコチラの講座を受けてみるのもいいかも!?




現代はネットが普及したことによる恩恵が色々あり、嬉しい世の中ですよね!♪^^
ぜひ、外部でのアウトプットで、モチベーションを上げていきましょう!

まとめ

 

english_book_girl

 

英会話への最短の道のりは、良い教材毎日決まった時間に学習する自分ルールにある、とみました。
また、日本人はインプットが多すぎる、との事で、会話に必要なアウトプットの練習が圧倒的に不足しているとの事。

中学程度の英語の基礎がわかれば、どんどんアウトプットしていき、英語脳に変えていくことが重要なんだと思いました。
英語がわかれば、また違った人生の醍醐味に出会えるかもしれません^^


スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.