血管年齢をさげる!改善方法は?①

kekkan_dorodoro

今日、健康診断に行ってきたら、血管年齢が実年齢よりも7歳も上でした。
あまり良くない結果です。

そこで、血管年齢を下げるための改善策を詳しく調べてみました。

 

スポンサーリンク

血管年齢とは?

kekkan_dorodoro

 

血管年齢とは、血管の老化度合いの目安を表す指標のことを言います。

血管年齢が高いと動脈硬化が進行していることを表し、血管年齢が低いと動脈硬化がそれほど進行していないことを表すそうなんです。

動脈硬化は、血管の老化などにより、血管が硬くなったり、様々な物質が溜まることで血管が狭くなったりし、血管内の血液の流れが滞ってしまうことを言います。

血管年齢が若いほうが、動脈硬化にはなりにくく、身体にも良い、ということですね。

 

血管年齢低下の原因は?

 

血管年齢の老化の原因は何だと思われますか?
主な3つの原因は、高血圧、高血糖、中性脂肪・コレステロールが高いといったことだそうです。

 

高血圧

高血圧になると、血が勢いよく血管内を巡り、血管に負担をかけてしまいます。
これが動脈硬化を促進し、血管年齢を老化させます。
高血圧になる原因塩分の摂り過ぎ、ストレス、タバコ、肥満など。

高血糖

血糖が体内に入ると、AGEsという老化を促進する物質になります。
高血糖になると、AGEsが血中にたくさんでき、動脈硬化を促進します。

中性脂肪・コレステロール

コレステロールには、善玉悪玉があります。
悪玉コレステロールは、血管に付着し、動脈硬化を促進させます。
善玉コレステロールは、血管に付着した悪玉コレステロールを取り除いてくれます。

 

どれも恐いですね;-;
でも、この原因、本当に改善できるのでしょうか?
そこで、次の項目です。

 

血管年齢を下げるため(改善する)には何をしたらいいの?

 

血管年齢は年齢ととも進行し、生活習慣によっても進行します。
しかし、血管年齢は改善することができます
血管年齢を改善するにはどうすればいいのでしょうか?
血管年齢を改善する様々な方法をご紹介します。

 

  • 食生活
  • 運動
  • たばこ
    たばこを吸うだけで、動脈硬化が進行してしまいます。
    たばこは動脈硬化のリスク要因として最も大きいと言われています。
  • 昼寝
    寝れないと言う方は無理に眠らなくても目を閉じて休むだけで効果があります。
    15分から30分でOK。
  • 質の良い睡眠
    血管のためには質の良い睡眠が欠かせません。
    それは、傷んだ血管を修復するのは成長ホルモンだからです。

    成長ホルモンは睡眠直後から3時間ほど分泌され、新陳代謝を促し、体のダメージを修復してくれます。
    成長ホルモンは美容とも深い関係があり、お肌のゴールデンタイムは夜10時から夜中2時までと言うことが言われていました。
    それが、最近は、ゴールデンタイムが、眠ってから3時間だと言われています。
  • お風呂
    お風呂の温度はぬるめのお風呂がいいのです。
    温度は、血管に負担の少ない38度がおすすめです。
    温度差が大きいと血圧の変動が激しくなります。
    血圧の上下動が激しいと血管にはとても負担がかかります。
    これが、心筋梗塞脳梗塞の引き金になりますから、脱衣所も暖房器具などを置くなどして、風呂場との温度差を小さくします。
    そして、湯船に入ると血圧が上がりますが、湯船に入る時に声を出すと血圧の上昇を抑えることができるらしいです。
  • 血圧を測るマッサージ
    血圧計は一度止めた腕の血流を止めて、再開させた時の動脈の振動を計測していますが、これがマッサージの役割をしています。
    血管を圧迫して一時的に血流を止めて再び解放した時に、血管が拡張して血流が良くなります。
    なので、血圧測定1日に3~4回行うと、いい血管マッサージになるようです^^
    ★電動血圧計は楽天でも購入できます♪【送料無料】テルモ 電子血圧計

 

どうでしょう?
この中で、知っているものもあれば、知らないものもあったのではないでしょうか?
私も、知らないものがありましたので、実践していきたいと思います^^

 

スポンサーリンク

 

血管年齢を下げるサプリは?

 

さて、それでは、先にラクする方法を教えるようで気が引けるのですが、血管年齢を下げ栄養素を補うサプリを調べてみました。

 

 

サプリを上手に使って、食事制限の手間を省けれれば良いですね!^^♪

 

血管年齢を下げる運動とは?

walking_woman

 

運動は、血管年齢を改善するだけではなく、健康面で、様々な良い効果があります。
例えば、ウォーキングは、全身の血流を良くし、ストレス解消にもなります。
また、筋肉や関節に負担をかけないので、無理なく血管年齢を改善できる方法としておススメです。

軽めの運動をする

これが大事なようですね。
血管年齢を若くするための運動は、ランキングなど息がいれるようなハードな運動をする必要はありません。

 

ハードな運動をしてしまうと血管が収縮され逆に血管年齢を上げてしまうそうです。
血流を良くするくらいの運動で十分。
まずは、普段の中に「歩く」ことを積極的に取り入れるようにしましょう。
出勤、買い物など自転車で行っていたのを歩きにする。
まずはこの程度から始めましょう。

 

有酸素運動の代表格の「ウォーキング」。
汗ばむ程度に1日連続して15分~30分が目標です。
週2回を目標にしていただくだけで良いのです。
無理のないよう続けることが大事です。

 

私は、車中心の生活ですので、まず
車→自転車→ウォーキング
の順で徐々に習慣づけをしないとなぁ~と思いました^^;

★雨の日でも室内でウォーキングできるマシーンはコチラ【送料無料】電動  ランニングマシーン 

 

★長くなりましたので、「血管年齢をさげる!改善方法は?②」へつづきますhttp://ukihana47.com/archives/3681

 


スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.