アリス イン ワンダ ランド-時間の旅-の見どころは?①

e0f07888c7e4cf465a4d05e97405a06c

2010年に公開された「アリス・イン・ワンダーランド」(不思議の国のアリス)の続編、「アリス・スルー・ザ・ルッキング・グラス」(邦題:「アリス・イン・ワンダーランド~時間の旅~」)が今年2016年7月に公開されます。

私は、元々「不思議の国のアリス」のお話が好きで、ディズニーアニメも観てました。
とても楽しいお話だと思います。

続編映画が出ることを大変嬉しく思います^^
今回「アリス・スルー・ザ・ルッキング・グラス」(邦題:「アリス・イン・ワンダーランド~時間の旅~」)を楽しく観るために詳しく調べてみました。

 

スポンサーリンク

1作目「アリス・イン・ワンダーランド」とは?

 

e0f07888c7e4cf465a4d05e97405a06c

出典:http://www.indyweek.com/

 

 

ルイス・キャロルの児童文学小説「不思議の国のアリス」「鏡の国のアリス」を原作を元にその後日談として実写化された映画。2010年のアメリカ映画。

不思議の国での冒険から13年後の19歳になったアリス
最愛の父を亡くしたアリスを、アリスの母と姉が極秘裏に企画したアリスの婚約パーティに出席させます。

アリスは貴族の御曹司・ヘイミッシュから求愛されますが、突然の出来事に混乱してその場から逃げ出してしまいます。

その時、アリスはチョッキを着た白ウサギを見つけ、追いかけます。
幼少時代に訪れた不思議の国へ再び迷い込んだアリスは、そこでかつて出会ったマッドハッターチェシャ猫達再会
しかし、不思議の国は13年前とは一変しており、赤の女王に支配された暗い世界と化していたのでした。

アリスはかつてここを訪れた事を夢だと考え記憶を失くしていたが、自分が預言書に記されている「救世主」だと知らされ、この世界を赤の女王の支配から解放するため、赤の女王の妹である白の女王やマッドハッター達の力を借りて、赤の女王に戦いを挑むことになる、というストーリーです。

◎you tubeで動画がありましたので、↓に貼っておきますネ!^^

 

キャストは…

  • マッドハッター= ジョニー・デップ
  • アリス・キングスレー=ミア・ワシコウスカ
  • 赤の女王 =ヘレナ・ボナム=カーター
  • 白の女王 =アン・ハサウェイ
  • ハートのジャック= クリスピン・グローヴァー
  • トウィードルダム、トウィードルディー = マット・ルーカス
  • 白ウサギの声 =マイケル・シーン
  • チェシャ猫の声 = スティーヴン・フライ
  • アブソレムの声 =アラン・リックマン
  • ヤマネの声 = バーバラ・ウィンザー
  • 三月ウサギの声 = ポール・ホワイトハウス
  • ベイヤードの声 = ティモシー・スポール
  • チャールズ・キングスレー = マートン・チョーカシュ
  • アスコット卿 = ティム・ピゴット=スミス
  • ヘレン・キングスレー = リンゼイ・ダンカン
  • アスコット夫人 = ジェラルディン・ジェームズ
  • ヘイミッシュ・アスコット = レオ・ビル
  • イモージェン叔母さん = フランシス・デ・ラ・トゥーア
  • マーガレット・キングスレー = ジェマ・パウエル
  • ローウェル = ジョン・ホプキンス
  • フェイス・チャタウェイ = エレノア・ゲックス
  • フィオナ・チャタウェイ = エレノア・トムリンソン

監督:ティム・バートン
制作:ウォールト・ディズニー・ピクチャーズ
ロス・フィルムズ
ザ・ザナック・カンパニー
チーム・トッド

この作品の見どころはなんと言っても、ジョニー・デップのマッド・ハッターです。
マッドは「狂喜の」「狂った」という意味、ハッタ―とは「帽子屋」という意味。マッド・ハッタ―とは「狂った帽子屋」という意味です。
ジョニーの奇抜な化粧と衣装、彼はこういう役が本当にお得意ですね。
★「ハリー・ポッター」シリーズをまだ観ていない方や、もう一度見直したい方には、レンタルサービスを利用してみるのも手ですョ!^^♪


★また、ディズニーアニメ「不思議の国のアリス」も観ておくとより原作が分かり易いかと思われます^^レンタルでも借りれますが、楽天でも購入できます♪ふしぎの国のアリス

スポンサーリンク

「不思議の国のアリス」「鏡の国のアリス」の原作著者:ルイス・キャロルとは?

ルイス・キャロルLewis Carroll, 1832年1月27日 – 1898年1月14日)は、イギリスの数学者、論理学者、写真家、作家、詩人

本名はチャールズ・ラトウィッジ・ドジソン (Charles Lutwidge Dodgson) で、作家として活動する時にルイス・キャロルペンネームを用いた。

数学者としては、チャールズ・ドジソン名義で著作を出している。

若い頃のチャールズ・ラトウィッジ・ドジソンは、カールした茶色の髪と青い目を持ち、身長約5フィート11インチ(約180センチ)のすらっとしてハンサムな、夢見心地な表情の青年だった。

17歳の終りの頃に、ドジソンは重い百日咳を患い、右耳の聴力に障害を負った
ドジソンが成人期まで引きずった唯一の明らかな欠点は、彼自身が「ためらい(hesitation)」と名付けていた吃音癖でした。
この性癖は幼少期に身につき、生涯にわたりドジソンの悩みの種となる。

しかしながら、吃音はキャロルを取り巻く神話の重要な一部でもありました。
ドジソンが吃音を起こしたのは大人との交際の時のみであり、子供相手には自由にすらすらと喋れたという。

ドジソンと面識のあった多くの大人が彼の吃音に気付かなかった一方で、多くの子供が彼の吃音を記憶していることから、証拠はないが、そういうキャロル神話ができたみたいです。

ドジソンの吃音は紋切り型の大人の世界への恐怖に由来するものではなく、生来のものだった。
ドジソン自身は、自分の吃音を深く気にしており、『不思議の国のアリス』においては、発音しにくい彼のラスト・ネームをもじった「ドードー」として、自分自身を戯画化しています。

吃音癖はしばしばドジソンに付きまとい彼を悩ませてはいたが、社交生活における他の長所を打ち消すほどひどい物ではなかったそうです。

ドジソンは生まれつきの社交性と強い自己顕示欲を持っており、周囲の注目を引きつけ称賛されることに喜びを覚えていたようです。
今で言う「目立ちたがり屋さん」ですね^^

ドジソンは社会的にも野心家であり、作家か画家として何らかの方法で世間に才能を示すことを切望していた。
ドジソンが最終的に写真術に転向したのは、画家としての才能が不十分だと自覚したためと考えられる。

あるいはドジソンの学者として成し遂げた業績は、彼が芸術の分野で達成することを望んでいた成功を、埋め合わせるためのものだった可能性も考えられるようです。

かなりコンプレックスの固まりのような人みたいですね^^;
その反動で、社会的成功を切望していたと。

天才肌の典型のような人生のように見受けられます。

★ルイス・キャロル作の「不思議の国のアリス」「鏡の国のアリス」「地下の国のアリス」の3冊セットは楽天で購入できます★不思議の国のアリス3冊セット★

 

 

★長くなりそうですので、『「アリス・スルー・ザ・ルッキング・グラス」(邦題:「アリス・イン・ワンダーランド~時間の旅~」)<2016年7月公開>の見どころは?②』へ続きますhttp://ukihana47.com/archives/3396


スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.