着物のリメイク!着付ナシで普段着物を作る方法①

DSCF1938

着物を普段着で着てみたい…。
そう思っていたのですが、着付を覚えようと思っても、生来面倒くさがりな私。

なんとか解決できないものか?
着物を服のように着れたら、本当に普段に着物を着るのではないだろうか?

そう考えて、着物をリメイクすることに挑戦してみました^^

スポンサーリンク

着物をリメイクする大まかな手順は?

DSCF1935

まず、着物をリメイクする大まかな手順を書きたいと思います。

  1. 材料や道具を用意する
  2. 着物本体をリメイクする
  3. 帯をリメイクする
  4. 着物に付帯しているものをリメイクする

とこんな感じです。
それでは、具体的に見ていきましょう^^

材料や道具を用意する

まずは、材料と道具を揃えるところから始めます。
材料と道具さえ揃えば、あとは結構トントンといけます^^♪

材料
道具
  • 裁縫道具
    ・針(針は革用の針。そうでないと普通の針は折れてしまう可能性があります)
    ・糸(着物にあった色の丈夫な糸。綿糸のような。)
    ・刺しゅう糸(帯にあった色)
    ・印をつける道具(三角チャコ・チャコペン等)
    ★三角チャコは楽天でも買えます♪三角チャコ クロバー 
    ・マチ針
    ・裁ちばさみ
    ・指貫
    DSCF1915
    ・しつけ糸
    ★しつけ糸は手芸屋さんでも買えますが楽天でも安く買えます♪[糸] しつけ糸 白毛 綿 100%/18g 手芸 裁縫 洋裁 ソーイング
    ・ひも通し
    ★ひも通しは百均でも売っていますが、楽天でも買えます^^ひも通しセット 2種類
  • アイロン(アイロンスチームに入れる水も)
  • アイロン台

材料と道具が揃ったら、次は着物をリメイクしていきます^^♪

スポンサーリンク

着物本体をリメイクする

では、いよいよリメイクしていきます。

  1. 着物を自分に合わせて、裾を合わせて、腰あたりで三角チャコで腰回りをグルッと印をつけていきます。
    (下をスカートみたいにしていきますので、上が長くなっても、後で調整できます)
    着物の合わせ方が分からない方は、次の動画を参考になさってください。


    腰回りをざっくり印をつけたところ↓
    DSCF1869
  2. 裁ちばさみで、印をつけたところを大体まっすぐに切る。エイッと思いっきりの良さが必要です。

    DSCF1881
  3. 下の側を腰のあたりを形を崩さずにマチ針を打って、ゴムが通るぐらいをあけて内側に織り込み、しつけ糸で仮縫いをします。

    DSCF1888 DSCF1889
  4. 針に普通の糸を通して二重にして結び目を作り、仮縫いしたところを並み縫いします。
    縫えたら、ゴムをひも通しに通して、縫ったところの袋状になっているところにゴムを通します。
    下はこれで出来上がりです♪^^
    スカートみたいにラクに履けますよ^-^

    DSCF1892
  5. 次は上の着物です。帯をした時に帯の下に出る「おはしょり」が少し出るくらいの長さで、内側に切った所の裾を織り込んで、裾上げテープで(アイロンで)留める。
    端が少し出ると思うのですが、内側に織り込んで糸で縫う。

    DSCF1895

    DSCF1898
    DSCF1899
  6. 上の着物にソフトシートを切ってアイロンでつける。

    DSCF1899 1
  7. 着物部分は、出来上がりです^^

★長くなりそうなので、「着物のリメイク!普段着物を着付が出来なくても着れるようにリメイクする作り方はコレだ!②」で続きを書きたいと思います^^記事はコチラ→http://ukihana47.com/archives/2875


スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.