無人レジ!コンビニで普及する!?

最近、無人レジを試験的に導入したコンビニがあるそうです。
スーパーでは、セルフレジを導入しているのをよくみかけますが、とうとうコンビニもセルフレジが一般的になる感じ!?@0@

ということで、コンビニの無人レジとはどういう感じなのか調べてみました^^

 

スポンサーリンク

革命的なレジ!無人レジとは?

大阪のコンビニエンスストアに2016年12月12日ある革命的なレジが導入されました。

パナソニックの本社の目の前にあるローソンで、新しいレジの実証実験が行われているとの事。

それは、

レジロボ

です。

店内にはちょっと見慣れぬスペースがあり、ローソンとパナソニックが共同で開発した次世代型レジが…!

 

特殊な買い物カゴ「スマートバスケット」にはバーコードの読み取り機が付いていて、客が自分でスキャンして商品を入れると、自動的に個数や金額を記憶していく仕組みです。
そして、この買い物カゴをレジロボにセット、表示された金額を確認すると、カゴの底が開いて商品が下りていきます

表示される案内に従って会計を済ませれば…

商品が袋に入った状態で出てきます!♪

お会計終了です^^

レジの下にスタンバイされている袋が商品を受けることで、袋詰めを自動化したのですね@0@

会計から袋詰めまでという「完全自動セルフレジ」はコンビニ業界初です。

ただ、気になるのは、商品が下に落ちる仕組みのようですので、卵とかシュークリームとかサンドイッチとかが割れたり潰れないか?ということです。

それは、検証済みとのことで、卵は無傷、シュークリームも中身は全く出ておらず、サンドイッチも綺麗との事でした^^

 

ローソンはこの「レジロボ」で、慢性的な人手不足を解消させたいそうです。

 

◎you tubeでレジロボの動画がありましたので、貼っておきますネ!^^

このレジのメリットは?

では、このレジロボを使った際のメリットをまとめてみました^^

  • 便利で早い
  • 待つ時間が短縮される
  • 会計などに人が打つよりは間違いがない

レジロボの実証実験は2017年2月まで行われ、ローソンは来年度には10店舗に導入し、その後本格的な導入に繋げたいとしています。
レジロボが当たり前の光景に、なんて日もそう遠くはないかもしれません。

 

スポンサーリンク

 

米国ではレジなし店舗も?

アメリカにはレジのないコンビニもオープン、買い物の風景が変わりそうです。

海外ではさらに進んだ試みが始まっています。
アメリカの通販大手のアマゾンが運営するコンビニ。

店に入ってきた男性。
商品を手に取ると、そのまま店を出て行ってしまいました。

また、違う女性はバッグに次々と商品を入れていきます。
一見、万引きしているように見えますが、違います。

そもそもレジがないコンビニなのです。
どうやって支払っているのでしょうか。

  1. まず、入店する際に客はゲートにスマートフォンをかざします。
    店内では、客がどんな商品を取ったのか、カメラやセンサーなどが検知して、逐一、スマホの専用アプリに情報を集めます。
    やっぱり棚に返すという動きも全て認識できるということです。
  2. 店を出る際にスマホのアプリが商品の合計額を計算し、クレジットカードで代金が決済されます。

この店はアマゾンのアメリカ本社の1階にあり、すでに社員向けに営業が始まっていて、来年1月には一般の人も利用できるということです。

 

◎you tubeでamazon本社ビル1階のコンビニでレジもない、という画期的な取り組みを試験的にしている動画を見つけました。日本も将来は、レジもいらないようになるかもしれませんね^^;

★ローソンでは宅配サービスもやっています^^自宅に届けてもらうのも行く手間が省けていいかもしれません玄関先まで鮮度をキープしてご自宅にお届け!ローソンフレッシュ

 

まとめ

コンビニの無人レジがスゴイなぁ…。
と驚いていたら、アメリカではレジさえないコンビニがあるなんて…^^;

うーむ。
アメリカでは、AI(人工知能)の研究も進んでいるそうですし、頑張れニッポン!
と言わざるを得ないですね^^;

あ、でも、日本は国が国民を税金で苦しめているにもかかわらず、民間がここまで頑張っているので、反対にスゴイことなのかもしれませんね^^

ということで、

日本の民間企業頑張れ!!!

に訂正^^
コンビニの無人レジ普及楽しみですね♪


スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.