外壁の塗装のDIY!自分で出来る簡単な方法は!?①

無料画像

我が家の外壁も年季が入って汚くなってきました。
外壁を業者さんに頼むと、100万~200万するとの事。

高い…。
どうにか自分でDIYして安くできないかしら…?

そう思い、徹底的に調べてみました。

 

スポンサーリンク

用意する道具は?

無料画像

それでは、まず、自分で外壁塗装をする!と決めたら、必要な道具を揃えましょう。
ホースや脚立などはあらかじめ持ってらっしゃるお宅が多いと思います^^

  • ホース(庭の水撒きに使っているもの。大概は庭に持っている方が多いとは思います)&ブラシ(デッキブラシ)
    最初に壁を洗ってキレイにするために使います。
    高圧洗浄を持ってらっしゃる方は、もっと良いと思います♪
    ★高圧洗浄はホームセンターでも売っていますが、楽天でも購入できます高圧洗浄機
  • マスカ―
    マスカ―とは、ガムテープとビニールが最初からついているもので、塗料がつかないように養生に使うものです。

    家の周りを養生するなら、二つくらいは買っておいたほうがいいようです。
    インターネットでも売っていますが、ホームセンターや塗料屋さんでも売っています。

    使ってみたのですが、初心者には使いにくい気がしました。
    下の養生シートとマスキングテープを使ったほうが使いやすかったです^^
  • 養生シート
    窓やその他、塗料で汚れないようにするシート。
    ★養生シートは楽天でも買えます養生シート 90cm巾×200m
  • マスキングテープ
    養生シートを留めるテープ。(緑色をしています)
  • 塗料
    一戸建ての外壁を塗装となると 、3kg缶では足りません。
    14kg缶(業務用)を買ったほうがいいと思います。
    14kg缶で10,000円前後~あり、ホームセンターや塗料屋さんで売ってくれる所もあるそうです。水性の塗料は、水で薄めるので臭いもしなくて人体にも影響が少ないのではないか、と思われます。
    油性の塗料の場合は、シンナーで薄めるので、シンナーも買わないといけませんし、臭いもします。また、人体への影響も懸念されます。
  • 刷毛
    刷毛は、水性用の刷毛(豚毛も可)、が良いようです。油性用の刷毛を使うと毛が絡み合って固まってしまうとの事で、出来れば、水性油性どちらにも対応している刷毛か水性用刷毛を使うといいようです。
    お値段は、100~400円。
  • オートローラー
    その名の通り、電動で塗料をローラーに送り込んでくれる機械。
    ホームセンターでは見かけませんでしたが、amazonで簡単に購入できます♪
    コチラ→オートローラー
  • 長柄
    高い所も塗れるように、オートローラーにつける長柄が必要です。
    こちらもホームセンターで探しましたが、見つかりませんでした。
    amazonで購入できます。
    コチラ→TRUSCO 伸縮継ぎ柄2メートル
  • オートローラー用ロングホース
    高い所までオートローラーのホースが届かないかもしれません。
    これもホームセンターで見当たりませんでした。
    amazonで買えます。→オートローラー用ロングホース
  • 脚立
    高い所は、脚立に上らないと届きませんので、必要です。
    ホームセンターで購入できます♪
    私が購入したのは、8,000円くらい(2m)でした。
  • マスク
    塗料の臭いで頭がクラクラする人もいると思いますので。
    水性塗料は思ったほど臭いませんでしたが。
  • 作業服・帽子・長靴
    かなり塗料がつきますので、汚れても良い格好を。
  • ゴーグル
    2階などの壁をする時に飛ぶ可能性がありますので念のため用意しておいたほうがいいかもしれません。
    帽子を被っているとあまり目には飛んではきませんでしたが。

揃いましたでしょうか?^^
私はほとんどネットで揃えたので、楽でした♪

どの塗料を選べばいいの?

現在使用されている外壁塗料は、大きく分けると5種類になります。

  • アクリル塗料
  • ウレタン塗料
  • シリコン塗料
  • フッ素塗料
  • ラジカル塗料(2015年4月から販売された最新塗料)
アクリル、ウレタン、シリコン、ラジカル、フッソの各外壁屋根塗料の価格と耐久性の簡易表

参考資料 出典:MK塗装工房
上の参考資料を見てどの塗料にするかは個人の好みや予算などにもよると思います。

また、水性系の塗料にするか、油性系の塗料にするかは、家の建築を頼んだ工務店さんに聞くのが一番だそうですが、うちのように中古を買われた方は、シリコン系塗料(が最近は最も多く選択されているそうです)が良さそうです。
ただ、使いやすいのは、水性系塗料だと言えそうです。
なぜなら、水性系塗料は、で薄めるので、人体に影響も少なく、シンナー代もかかりません。
でも、迷ったり、心配な方は、外壁塗装の見積もりなどしてもらって、業者に聞くのも手かもしれません。
外壁塗装を無料で一括見積もりするならこちら

外壁塗装に適した季節はいつ?

標準は、気温20℃湿度65%
良好な条件は、気温15~30℃湿度75%以下
可能な条件としては、気温5~40℃湿度85%以下

上記の条件で、最も適している季節は、晩秋~冬にかけて、との事です。
しかし、雨の多い年には注意が必要です。
そして、この時期は、すぐ暗くなりますので、4時半までぐらいしか塗ることができません。

とにかく、気温5℃以下で湿度85%以上の時期は避けたほうが良いとの事です。

スポンサーリンク

良い段取りはどういうの?

まず、作業に入る前に、隣接している隣近所さんに挨拶しに(菓子折り持参)行きましょう
騒音臭い塗料の飛散日にち・時間などの説明をあらかじめした上で、了解を得ましょう。
※塗料の飛散については、この記事では下塗り・中塗りで使うスプレー等を使わず、ローラーで仕上げ塗装をいきなりするので、(ほとんどがスプレーで飛散すると言われている)あまり飛び散らないと思われる。

挨拶が済んで周りの方の了解を得たら、実際にやる前に作業として、全体のおおまかな流れを把握しておきましょう^^

  1. 水洗い
  2. 養生
    (下塗りと中塗りを養生のあとにしなければならないのですが、そこまでやるとかなりの時間がかかりますので、省きます。塗料が隣家へ飛散する確率を減らす為もあります。)
  3. 上塗り
  4. 養生はがし
  5. 完成

こういう順序です^^
では、一つ一つの工程をもう少し詳しく見ていきましょう。

 

水洗い

水をかけながら、ブラシなどで汚れを落としていきます。
なぜ、壁を水洗いをしなければいけないかと言うと、壁に付いた汚れや付着物の上から塗料を塗ってしまうと、塗料の剥がれや浮きの原因となってしまうからです。

また、ホースとデッキブラシで洗うより、高圧洗浄機で洗うほうがきれいに汚れを洗い流せます。
お家に高圧洗浄機を持ってらっしゃる方はぜひ使って欲しいと思います。

水洗いした後は、塗装をするまで1日乾かします。
一日経っても乾いていない場合は、乾ききってから次の段階に移りましょう。
DSCF1520
DSCF1521

養生

塗料で周りが汚れないように、マスキングテープと養生シートなどで覆い、汚れを防止する策の事を言います。
この養生をしっかりやるのとやらないのとでは、仕上がりに差が出てきます。
DSCF1522

亀裂補修

亀裂が外壁にある場合は、補修してから塗装しましょう。
亀裂と言っても、0.4mm以下の亀裂と0.4mmを超える亀裂では補修の仕方が違うそうです。

  • 0.4mm以下の亀裂
    シーリング材を亀裂箇所に乗せて、湿った刷毛で刷り込んでいきます。
  • 0.4mm以上の亀裂
    昔は、上記の軽度の補修の仕方でされてることが多かったそうですが、年数が経つと、ひび割れてくるとの事。
    それで近年では、「Vカットシーリング法」という補修の仕方を業者さんはされるそうです。
    でも、これは専用の道具で、亀裂箇所をV字型に切り込んでからシーリング材で埋めるので、素人がやるのは難しそうです。
    業者さんにやってもらうほうが無難かもしれません。。
上塗り

仕上げ塗装、とも言うそうです。
ローラーで塗っていきます。上手く塗るコツは二度塗りです^^

※塗料を水、シンナーを何%で薄めるというのは、説明書に書いてあります。

DSCF1524
DSCF1525
DSCF1526

 

養生はがし

養生をはがします。完了です。
DSCF1529

◎一応参考の動画をyou tubeで発見しましたので貼っておきますネ!

◎長くなりましたので、続きは「外壁の塗装のDIY!自分で出来る簡単な方法は!?②」に書きたいと思います
http://ukihana47.com/archives/1818

 


スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.