21時に寝るためにはどういう時間配分にしたほうが良いのか?①

suimin_woman

最近、寝るのが遅くなり、夜型人間になりつつある私。
そして、段々床に入る時間が遅くなってきました。

ヤバいな…と感じています。

そこで、夜早く寝て、朝早く起きて、時間を有効に使いたい!と思うようになりました。
なので、夜21時に寝るためには、1日をどういう時間配分で過ごしたほうが良いのか調べてみました^^

 

スポンサーリンク

朝早く起きるとこんな良いことがある!?

suimin_woman
早く寝ると、早く起きれる、というメリットがあります。
早く寝るには、出来るだけ多くのメリットを考えると、実行しやすくなります^^

朝早く起きると良いとされるメリットも知っておくといいと思います。

メリットは大きく分けて3つ。
以下にまとめてみました♪^^

 

体内時計で熟睡

 

毎日同じ時間に睡眠をとると、体内時計のリズムが出来ます。
この時間になったら寝てこの時間に起きると身体が記憶することで、ぐっすり眠れやすくなるとされています。
睡眠は疲れた身体を癒すための重要な時間です。
できる限り深い眠りをとり、慢性的な疲労感を解消しましょう

 

自律神経のバランスが整う

 

夜更かしする日が続くと、自律神経のバランスが崩れると言われます。
自律神経は、循環器・消化器など身体のあらゆる部分の調整を行う重要なものです。
バランスが崩れると、

  • 倦怠感
  • 頭痛
  • 肩こり

などの不快症状となり表に出てきます。

早寝早起きを続けると、乱れたバランスが元に戻って体調が整う可能性があります。

心身ともに健康な状態を保ちたいなら、規則正しい睡眠習慣が大切とされています。

 

快適な毎日に

 

夜更かしした次の日、頭が重くてやる気がでないと感じることはありませんか。
これは、睡眠不足で脳に血液が回っていないことが一因だそうです。

集中力が低下すると、ミスも多くなってきます。

早寝早起きをすれば、血流がよくなって集中力向上の可能性が!
どんなことにも精力的に取り組めるようになり、エネルギッシュで快適な毎日が送れます♪

 

 

その他

 

質の良い睡眠は、美容面でもメリットがあるそうです。
まず、基礎代謝をあげて太りにくい身体になることが挙げられ、同じカロリーをとっても、代謝が良ければやせていくんだそうです。

たるんだ身体を解消して、若々しいスタイルを維持したいなら、十分な睡眠が不可欠との事。
もう一つ見逃せないのは、美肌効果

夜22時から2時は、お肌のゴールデンタイムと言われます。

この時間帯にしっかり寝ていると、成長ホルモンが分泌されてトラブルの再生が進むという…。

年齢肌が気になり始めたときが、睡眠習慣を見直す良い機会と思って睡眠を見直してみましょう^^

 

 

スポンサーリンク

 

21時に寝るためにはどういう時間配分にしたほうが良いのか?

 

mezamashidokei_character

それでは、21時に寝るためには、どういう時間配分をしていくのがいいのか、主婦の場合と、フルタイムで働いている人の場合で分けて下記に例としてまとめてみました^^

<主婦の場合>

AM 5:00 起床&歯磨き等

………ストレッチ

………朝ごはん&朝ごはん片付け

AM 6:00 洗濯&ゴミ捨て

………(ご自身のやりたい)作業

AM 9:00 掃除

AM 10:00 買い出し&雑用

PM 12:00  お昼ご飯&お昼ご飯片付け&歯磨き

PM 1:00 (ご自身のやりたい)作業

PM 2:00 休憩&お昼寝

PM 3:00 (ご自身のやりたい)作業

PM 5:00 夕ご飯の支度

PM 6:00 夕ご飯

PM 7:00 家計簿つけ等&夕ご飯片付け

……… 明日の準備

PM 8:00 歯磨き&お風呂

……… 床に就く

PM 9:00 就寝

※「作業」の所は、お子さんがいらっしゃる方など自由な時間に使う感じで。

 

<フルで働いている人の場合>

AM 5:00 起床&歯磨き等

……… ストレッチ(運動)

……… 朝ごはん&朝ごはん片付け

AM 6:00 洗濯&ゴミ捨て

……… 支度

AM 9:00 仕事

 

PM 7:00 帰宅&晩御飯

……… 家計簿つけ&夕ご飯片付け

……… 明日の準備

PM 8:00 歯磨き&お風呂

……… 床に就く

PM 9:00 就寝

 

大体こんな感じで、21時に寝るまでに準備していきます。

21時に寝ようと思っても、眠りにつくまで時間がかかることも考慮して、30分前には床に就いておくのが寝やすいとは思います。

尚、8時間はたっぷり寝る、という前提の下での例で、睡眠時間が少ない方は朝起きるのがもっと早くなるとは思います。

その時は、もっと朝時間を有効に使えそうですね^^

 

★質の良い睡眠を取るためには、良い寝具も要素となります。軽くてあったかい羽毛布団は楽天でも購入できますヨ~!見てみる

★冬には、お布団の下にホットカーペットを敷くと、暖かくてぐっすり寝れます♪できれば、時間が経つと電源が切れるタイプのほうが良いですね!^^見てみる

 

◎長くなりそうですので、「21時に寝るためにはどういう時間配分にしたほうが良いのか?②」(→http://ukihana47.com/archives/10110)へ続きます^^

 

 


スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.